読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Argument editor

ディベート歴1年の初心者が綴るブログ

2017ディベート甲子園論題が発表されました

ディベート甲子園2017

2017年度のディベート甲子園の論題が発表されました。

 

中学:「日本は小売店の深夜営業を禁止すべきである。是か非か」

高校:「日本は企業に対する正社員の解雇規制を緩和すべきである。是か非か」

nade.jp

 

中学の論題である深夜営業は、わりかし定番の論題ですね。私もいつぞやの即興ディベート大会でやった記憶があります。今回は小売店に飲食店も含まれるので、そこで議論が複雑になってきそうですね。

中学のフォーマットは大学生の即興ディベートのフォーマットと同じであり、資料まで入れると論証が難しいように感じてしまいます。もちろん当時は3分の反駁でヒイヒイ言っていたのですが笑。

 

高校の論題は社会人向け大会ではやっていた論題だそうですが、ディベート甲子園では初めての論題ですね。労働関係の論題なら、定年制か働き方改革(フレキシブルワークの促進とか)の方になるかと思っていましたが、外れましたね。

解雇規制の緩和は社会的にもしばしば話題になるので、新聞資料とかが多い気がします。今年度の後期の「労働と法」という講義で"日本の労働法は労働者に寄り添う形になっている"と聞きましたが、プラン導入はその方向の転換になるのでしょうかね。

 

ひと段落ついたらプレパするかもしれないです。